python

メモ

RSA暗号なんて人生に関係ないと思った人の数学の話

 RSA暗号方式。公開鍵暗号で用いられている暗号方式で、電子署名にも使われています。ここまではなんとなく知識として覚えています。そのアルゴリズムを少し読み解いて、なぜこの暗号が強固で使われ続けているのかを掘り下げていきます。 ...
python

matplotlibを別ウィンドウでポップアップ -jupyter notebook編

 jupyterを使っていると、このmatplotlibへのグラフや画像の描画が、なぜかIPythonへのinlineへの表示がデフォルトになっています。なんでだろ?  これを拡大縮小、画像の保存、ができるように別ウィンドウにポップ...
python

DoxywizardのインストールとPython-docstring形式との共存

 Doxywizardをインストールし、Pythonでdoxygen形式でコメント付けしたコードがどのようにドキュメントされるかどうか確認してみました。いろいろ試した結果として、docstring形式との共存ができそうな気がしてきました。...
python

動画のための手振れ補正2

 複数フレームの画像を元に手振れ補正のPythonコードをOpenCV使って書いてみる続きです。  前回は前フレームにピッタリ位置合わせするパターンでコードを書いてみましたが、今回は現フレームの画像をある程度尊重し、シーンチェンジに...
python

動画のための手振れ補正1

 手振れ補正のPythonコードをOpenCVの力を借りて書いてみます。上が手振れ、下が補正。こんなサンプルです。 手振れ補正  画像のふらふらを解消する手振れ補正。それを画像処理で行う、いわゆる電子式手振れ補...
python

borderModeいろいろ

 OpenCVにおけるwarpAffine等の画像の幾何変換を行う際に必要になる、ソースの画像外の画素値の外挿です。いろいろな種類が用意されています。試してみたうえで、ほんの少しオリジナリティー出してみます。 borderM...
python

estimateAffine2DとestimateAffinePartial2D

 OpenCVの関数です。便利に使っている割に意外と日本語のドキュメントや使用例が無いので、簡単にまとめます。estimateRigidTransformが非推奨の今、代わりにestimateAffine2Dを使うしかありません。環境次第...
python

アフィン変換と射影変換の行列による結合

 行列の掛け算による両変換の合成。できるんじゃないかなぁと思ってましたが、やはりできました。そりゃそうですよね。行列使った座標変換なんだし。Python+OpenCVでその動きも確認してみました。 アフィン変換  これまで何気...
python

Affine行列から回転角度を取り出す。

 アフィン変換の変換行列からその回転成分(回転角度、回転中心座標)だけ取り出してみます。ちょっとだけAffine変換の動きを復習したうえで試します。OpenCVとPythonを使います。 Affine変換  アフィン変換そのも...
python

OpenCVのremapを使って局所Affine変換

 拡大、縮小等、任意の画像幾何変換をやってくれるOpenCVのremap関数を使って、ずれのある2枚の写真の位置合わせをしてみたいと思います。Python使います。 OpenCV.remap  拡大、縮小、回転、シフト...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました