non

カメラ

三脚テーブルの自作 天板を趣のある風合いに

 以前材料費400円で三脚用テーブルを作ってみましたが、天板の質感がイマイチだったので、どうにかならないかといろいろ調べてみました。とりあえずもう少しもっともらしい雰囲気に仕上がりました。 アンティーク風ダメージ加工 ...
python

DoxywizardのインストールとPython-docstring形式との共存

 Doxywizardをインストールし、Pythonでdoxygen形式でコメント付けしたコードがどのようにドキュメントされるかどうか確認してみました。いろいろ試した結果として、docstring形式との共存ができそうな気がしてきました。...
キャンプ

ダイソーの椅子下ハンモックも大いに便利なようだ。テーブルでの使用例

 ダイソーでメスティンと一緒に衝動買いした椅子の下につるす荷物置き用のハンモックですが、これがまたソロで使っているテーブルにベストフィットしたというお話。 収納ハンモック(レジャーチェア用)  ダイソーをカブトムシの餌...
キャンプ

キャンプ道具の置き場がない…。ベランダ収納の自作

 キャンプ道具が家の棚で幅を効かせています。子供も大きくなり、そろそろ子供部屋が必要です。そこで片付け先として白羽の矢が立ったのがベランダです。ベランダ収納を考えます。 ベランダ収納  もともと広いベランダではありませ...
カメラ

三脚に天板を乗せて、アウトドア用テーブルを作る。材料費は400円也

 カメラを乗せるためのあの三脚です。あの重たい一眼レフもしっかり支えてくれるそれを、たまにキャンプの時持って行くことがあります。星とか撮ると面白いです。カメラを乗せるだけではもったいないので、テーブルに仕立ててみようと思います。 ...
キャンプ

ダイソーのメスティンは、アウトドアで大そう使えるらしい

 メスティンがとても人気らしい。持っていなかった。欲しかったが僕には長いこと連れ添っているsnowpeakのクッカーがある。これでいいじゃないか。と言い聞かせていた。  どうやらあの100均のダイソーで出たらしい。まぁ別に欲しくない...
python

動画のための手振れ補正2

 複数フレームの画像を元に手振れ補正のPythonコードをOpenCV使って書いてみる続きです。  前回は前フレームにピッタリ位置合わせするパターンでコードを書いてみましたが、今回は現フレームの画像をある程度尊重し、シーンチェンジに...
python

動画のための手振れ補正1

 手振れ補正のPythonコードをOpenCVの力を借りて書いてみます。上が手振れ、下が補正。こんなサンプルです。 手振れ補正  画像のふらふらを解消する手振れ補正。それを画像処理で行う、いわゆる電子式手振れ補...
python

borderModeいろいろ

 OpenCVにおけるwarpAffine等の画像の幾何変換を行う際に必要になる、ソースの画像外の画素値の外挿です。いろいろな種類が用意されています。試してみたうえで、ほんの少しオリジナリティー出してみます。 borderM...
python

estimateAffine2DとestimateAffinePartial2D

 OpenCVの関数です。便利に使っている割に意外と日本語のドキュメントや使用例が無いので、簡単にまとめます。estimateRigidTransformが非推奨の今、代わりにestimateAffine2Dを使うしかありません。環境次第...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました