画像処理

python

ボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)で遊ぶ

 ミラーレスを使ってマニュアルレンズ遊びの続き。今回はオリンパスのボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)で遊びます。レンズとしての個性はもちろん、Fisheyeならではの広い画角。この画角で撮れる歪み...
python

Pythonによる凝った画像合成

 複数の画像の合成処理です。カメラでの連写によって撮影された写真群を合成して1枚の写真にする方法の考察です。Pythonを使います。結果やはり一番効果絶大だったのはノイズ除去でした。Pythonこういった遊びには役立つなぁ。 ...
python

Pythonによる画像の合成

 前回の記事で複数の写真の位置合わせを行う処理に関していろいろ試してみました。その結果ぼちぼち位置合わせができて、画像間で座標位置が合うようになったので、その座標があった画像群を合成して、各種効果を得てみようと思います。位置合わせと合成。...
python

Pythonによる写真画像の位置合わせ

 手持ちで撮影した複数枚連写写真の位置合わせを、PythonとOpenCVを使って行います。手持ちなのに、三脚使って連写したような画像を作ることが目的です。被写体も静止物と、微小な動きを伴ったものとを対象としていろいろ試した結果をまとめて...
python

連写によるスマホ写真の高画質化

 過去何回かにわたって、Pythonによる画像処理の勉強がてら、スマホのオートで撮ったイマイチな写真を複数枚合成して、それなりな写真に変換する画像処理に関して考えてみました。基本的な処理はほぼ同じで、シチュエーションや被写体に応じてそれっ...
python

疑似長秒露光による撮影 その10 背景ぼかし

 今回はスマホの連写写真の合成から背景をぼかした、いわゆるポートレート風画像を作ってみようと思います。あまり長秒露光関係なくなってきました。だんだんネタがなくなってきましたが、もう少し頑張ってみます。  Pythonでの画像...
python

疑似長秒露光による撮影 その9 流し撮り

 長秒露光、とはちょっと違いますが、動きのある被写体の背景を、スローシャッターで流して撮る流し撮り。動きのある被写体にスピード感を与える撮影手法です。これをスマホでの連写写真をもとに実現させます。今回もPythonでの画像処理です。 ...
python

疑似長秒露光による撮影 その8 静かな水面

 長秒露光、スローシャッター写真の定番の一つに、湖面の水面の波うちを消し去った、静かな湖面の写真があります。滝なんかの流れや、雲の流れをスローシャッターで撮るのも定番ですね。これをスマホで手持ちで実現させます。今回もPythonでの画像処...
python

Pythonでちょっと真面目に趣あるセピア調写真を作る。

 Pythonを使ってセピア調の画像に加工してみようと思います。単純に茶色っぽい画像を作るだけでは面白くないので、ある程度色合いの調整余地を残し、加えて少し古めかしくして趣のある雰囲気に仕上げていきます。 セピア調  ...
python

疑似長秒露光による撮影 その7 ヘッドライトのあれ

 長秒露光写真の定番の一つに、夜間の車のヘッドライト、テールランプから、その光だけが流れて線のように撮影されるあれがあります。これをスマホで手持ちで実現させます。今回もPythonでの画像処理です。  画像処理はもちろん、も...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました