ダイソーメスティンで焼き鳥ご飯

キャンプ

 ダイソーメスティンで簡単焼き鳥ご飯を炊いてみました。固形燃料の完全燃焼待ちのフルオートで作ってみます。

スポンサーリンク

準備するもの

  • ダイソーメスティン
  • 固形燃料
  • コンロ
  • 焼き鳥缶詰
  • 米1合
  • 水1カップ(200cc)

 なんともシンプルです。このメスティンは1合炊きの仕様です。

 固形燃料は100円均一で入手しました。どうやら15分持つようです。

 ここで使用したコンロはこれです。

 サイズ感はぴったりです。

 焼き鳥の缶詰はこちらを使用

 たれ味です。

作り方

 まずは、米を研いだ後に、30分程度水に浸しておきます。米1合に対して水200ccです。

 200ccの目安ですが、容器のふちから水面がおよそ1.5cm程度の高さになります。目印となるようなものは容器には見当たりません。傷でも入れておいたらいいかもしれません。ちなみにこのメスティンの蓋の高さが1.5cmだったのでこれを目安にするとよいかもしれません。

 浸水が終わったところで、焼き鳥缶詰の投入です。

 中のたれごとすべて入れます。ここで特にまぜませんでした。そっと上に盛るだけ。

 そしたらいよいよ着火です。

 15分持つことになっています。炎にムラがありました。最初は大火力、途中から弱火になってしまいました。そして15分持ちませんでした。12~3分で消えてしまいました

 大量に吹きこぼれましたが気にしません。また上に何もおもりは乗せませんでした。吹きこぼれ放題です。

 蓋も外れかかりましたが、放置しておきます。

 火が消えたら、タオルでくるんで蒸らします。少々炊き込み時間に不安はありましたが、ここは強気にこのまま蒸らしに入ります。

 こんな感じ。この状態で20分放置しておきます。

 完成です。

仕上がり

 12~3分と加熱時間が想定より短かったですが、米に芯もなく、炊きあがりました。

 そして1合を少しなめてましたが、結構な分量です。1杯やった後のお腹には少しヘビーでした。がおいしくいただけました。

 炊き込みご飯としてみると少し味が薄めです。肉も少なめなので、2缶入れてもよいかもしれません。

 焼き肉のたれを入れておいてもよいかもしれません。

後片付け

 後片付けです。固形燃料がびったりとこびりついているように見えます。

 ただ簡単にポロっと落ちました。まぁこれならまたやってもいいかなと思わせてくれます。

キャンプ
スポンサーリンク
キャンプ工学

コメント

タイトルとURLをコピーしました