ダイソーメスティンでフルオートで作る。ツナとトマトのペンネ

キャンプ

 ダイソーメスティン(1合炊き)でキャンプで簡単トマトペンネを作ってみます。材料入れて、固形燃料の完全燃焼待ちのフルオートで作ります。過去3回色々作って来た簡単半自動レシピの続きです。

 例のごとく食材の入手ルートはコンビニを基本とします。

スポンサーリンク

準備するもの

調理に必要なもの

  • ダイソーメスティン
  • 固形燃料
  • コンロ

 いつもの定番セットです。固形燃料は100円均一で3個100円のそれです。

 燃料は15分持つことになっていますが、そんなに持ちません。せいぜい12,3分で消えます。外の風次第な部分もあります。風よけも必須です。

材料

  • 早ゆでパスタ 100g
  • トマトジュール 200cc
  • 6Pチーズ の1P
  • ツナ缶 1缶
  • コンソメ 適量
  • 胡椒 適量

 使いかけの早ゆでパスタ(マカロニ)です。サラダパスタなのでここはいまいち。理想的にはペンネのあの形が良かったのですが、早ゆでで適当なサイズのものがこれしかなかったので、いったんこれで作ります。マカロニだけはコンビニにありませんでした。これだけはスーパーで入手し家から持って行きましょう…。

 ホールトマトの缶詰がいいのでしょうが、ここは入手しやすいトマトジュース。200ccのパックはどこのコンビニにもあると思います。

 6Pチーズもお酒のおつまみになるので、6P買いで問題ないかなと思っています。粉チーズが雰囲気出ますがキャンプ想定です。入手のしやすさと残りの使い勝手を優先。

 ツナ缶は小さめのものです。余ったらおつまみにすればいいのですけどね。

 味付けは好みで。今回は胡椒少々とコンソメを投入しました。

 今回もすべて投入でほったらかし。ここは潔くコンビニで入手可能な食材でのフルオート簡単レシピを目指します。

作り方

 全部入れるだけです。まずパスタ100g

 続いてトマトジュース200cc。以前牛乳で確認した通りひたひたになります。

 顆粒のコンソメを1/3袋程度入れましたが、これは好みだと思います。チーズもツナも入れるので味は十分つくので。

 続いてツナ缶を表面にまんべんなく敷き詰めます。中の油もすべて入れます。

 6Pチーズの1Pを細かくして上に並べます。

 以上です。

 蓋をして着火です。

 あとは消えるまでほったらかしです。いい加減慣れてしまって時計すら見なくなってきました。12分程度で燃え尽きたのでしょう。

 やはり途中吹きこぼれます。が今回はさほど量はこぼれませんでした。

 火が消えたら終了です。パスタは十分ゆであがります。

 最後に胡椒を振りかけて完成です。

 以前クリームペンネを同じように作ったときはチーズが溶けて消え去っていましたが、今回は個体で残っています。何かが違うようです。

 器に移せばもう少し見栄えはよくなるのかもしれませんが、これでも味は美味です。トマトジュースの種類次第で味が変わるかもしれませんが。ボリュームも大人男子の昼ご飯に十分な量でした。

後片付け

 今回も残念ながらメスティン内焦げ付きました。しかも結構しつこくこびりつきました。

 水につけおきしてしばらく放置した後にスポンジごしごしで落ちはしましたが。こびりつかない秘策が欲しいところです。

 コンビニでパックの飲み物200cc煮込みシリーズ。他にも何かないかなぁ。

キャンプ
スポンサーリンク
キャンプ工学

コメント

タイトルとURLをコピーしました